ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画の感想文 [7] パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

<<   作成日時 : 2008/11/01 18:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト】
原題: Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest
制作国:米国
制作年:2006年
日本公開:2006年7月
監督:Gore Verbinski(ゴア・ヴァービンスキー)
出演:Johnny Depp(ジョニー・デップ)

===== あらすじ(ネタバレ) =====
 海賊ジャック・スパロウはデイヴィ・ジョーンズと契約を交わしていてた。ブラックパール号の船長となる代わりに、13年経ったらデイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号の船員として働くというものだ。
 その期限が近づいたが、契約から逃れるためにウィルとエリザベスを裏切ってしまい、最後は巨大な蛸の怪物に飲み込まれてしまう。

===== 感想 =====

● つなぎの映画
 全三作の中の第二作で、繋ぎの映画としての位置を占める。
 日本で公開されたとき、とっとと第三作の話題が語られることが多かった(と思う)。
 内容は散漫で退屈。映像は平凡。CGもぱっとせず。
 この映画の全体を支配しているといってよい、フライング・ダッチマン号のややこしい契約というかルールは、おそらく第三作の感動の(?)エンディングの伏線として用意されているんだろうけれど、そういう点から見ても、やはり「繋ぎの映画」でしかないような気がする。
 以上。


〔追伸〕
 ところで、サッカー・マニアの常識として、
  フライング・ダッチマン=空飛ぶオランダ人=ヨハン・クライフ
 何かサッカーと関係があるのかな? (誰か謎解きできた人いる?)

 決して嫌いな映画じゃないよ。特に第一作は大好き。ディズニーランドのカリブの海賊と少年ジャンプのワンピースの世界を、ハリウッドがスクリーンに再現してくれたみたいで、とても楽しい映画だった(……過去形)。

シリーズの感想はこちら
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (ちょっと待ってね)
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (今回の書き込みです)
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ 映画の感想のインデックス(作品名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(監督名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(テーマ別(?))

 ⇒ 映画(全般)ブログランキングへ
 ⇒ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画の感想文 [7] パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる