ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画の感想文 [8] パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

<<   作成日時 : 2008/11/01 18:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド】
原題: Pirates of the Caribbean: At World's End
制作国:米国
制作年:2007年
日本公開:2007年5月
監督:Gore Verbinski(ゴア・ヴァービンスキー)
出演:Johnny Depp(ジョニー・デップ)

===== あらすじ(途中まで) =====
 エリザベスやウィルさらにブードゥー教の預言者のティア・ダルマとキャプテン・バルボッサたちは、ブラック・パール号に乗り込み、前作で蛸に飲み込まれて死亡したジャック・スパロウの救出に向かった。
 そこは“世界の果て”だ。

===== 感想 =====

● 世界の果て
 第二作よりは楽しめるけど、やはり退屈。カリブの海賊ではあるのに、カリブ海で活躍するというよりは、黄泉の国のような「世界の果て」で活躍するほうが多い。
 「カリブ」はダメだが、副題のワールド・エンドのほうは楽しめる。ワールド・エンド、すなわち世界の果てとは海の縁のことであり、昔の人は丸い巨大なお盆のように世界を捉えていたのだ。その縁は、巨大な滝となって水が奈落の底へ落ちている。
 そこに船が巻き込まれていくシーンは、CGとはいえ、ずいぶん見ごたえがあった。

● ファザコン映画か?
 エンディングは、七夕様のような感動のラストということらしい。
 しかも、年に1度、父親が帰ってくるのを子供が心待ちにするという涙もの。
 ところで、今回、ジャック・スパロウの父親が登場するが、初回から登場しているエリザベスの父、前回から登場したウィルの父と併せて、主役三人の父親がそろい踏みとなる。
 もしかして、この映画はファザコン映画なのかもしれない。


シリーズの感想はこちら
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (ちょっと待ってね)
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (今回の書き込みです)
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
 ⇒ パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ 映画の感想のインデックス(作品名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(監督名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(テーマ別(?))

 ⇒ 映画(全般)ブログランキングへ
 ⇒ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画の感想文 [8] パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる