ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

help RSS 映画の感想文 [23-3] バトル・ロワイヤル - お姉さんの解説ビデオ

<<   作成日時 : 2009/01/18 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【バトル・ロワイヤル - お姉さんの解説ビデオ】

● 傑作ビデオ
 この映画で、バトルロワイヤルのルール説明はビデオを流すことによって行われるが、そのビデオも傑作ものだ。
 宮村優子という声優が演じていて、一見すると語り方がなんともアニメ的でオーバーだ。「元気に殺しあってね」という激励を陽気に言われても、「はい」と答える者などいないだろう。このビデオは、これだけを取り出して見てしまうと、内容は非道だし、演出はウザイし、「あー、とっととこの女の首輪が爆発しないかな」と誰でも思ってしまうのではないかな。
 しかし、このビデオはあくまでもこの映画の一シーンなのだ。そういう観点で評価しないといけない。

● お姉さんの正体
 彼女はルールを語り終わった後、出席番号順に生徒を呼び出す。「男子一番、赤松義生君」、「女子一番、稲田瑞穂さん」といった具合だ。この映画においては、このときの態度や発声、あるいはその切り替えが重要なのだ。
 それまでの陽気でオチャラケた態度は完全になくなり、直立した姿勢で冷たい表情をして一人一人名前を読み上げる。それは生徒への死刑宣告と同じであり、その様はとても冷徹で事務的だ。
 大人というものは、子供を相手にするときに、しばしば親しげになったり滑稽になってみせたりするが、それは上辺の演技であって、頭の中では冷静な判断や思考が働いている。そして、クールに事務的に振る舞うときはそれを徹底する。子供の中には、大人の親しげな態度を誤解して、大人がまじめな態度を見せたときに、あたかも自分を裏切ったかのような失望を抱く者もいるようだが、それは自分自身の幼さと愚かさの反映でしかない。
 この映画では、上辺は親しそうなお姉さんが死刑宣告人の正体を見せるのだ。

● 殺し合いの世界へ
 そして、ここからバトルロワイヤルが始まる。
 それまでは映画の背景やルールの説明が多く、現実にはあり得ないような法律や規則が語られていた。まさに子供のアニメやゲームそのもののお話が続いていた。しかしビデオのお姉さんが名前を読み上げ始めた瞬間から映画は変わる。僕らは殺し合いがリアルな世界に入るのだ。中学生が殺し合うというのは、もはや洒落やギャグの世界ではない。お姉さんの表情と同様に、真剣に人を殺す中学生を受け入れなければならない。
 しかし、このビデオのおかげで、ぼくらはあまり抵抗や摩擦を感じることなく、その世界の中へ入っていくことができるわけだ。

● 配役
 アニメのような声でオチャラケてしゃべり、なおかつアクション俳優のようなきりっとした直立不動で『気を付け』の姿勢が様になる女優ということで、宮村優子が抜擢されたのだろう。この配役について、アニメの声優としての側面だけで語るのは片手落ちというものだ。
 このシーンを作るときには、誰でもこうしたオチャラケとマジとのコントラストをつけることを考えるだろう。そういう意味でアイデア的には平凡だ。しかし、ここまで徹底してオチャラケて、そして徹底して冷徹な映像というものは簡単に作れるものではないし、これほど見事に仕上がるものでもない。
 そういう意味で傑作ビデオなのだ。

〔補足〕
 DVDには、このビデオの完全版がおまけとして収録されている。ところがそのビデオは名前を読み上げる前で終わっている。今回の感想は、僕の勝手な思い込みということです……って、いつもどおりじゃん。


画像
「これは当たりですねー」ってウザイんだよ!
とっとと首輪が爆発しないかな

画像
お姉さんの正体は死刑宣告人


バトルロワイヤルの感想
 ⇒ 感想文 その1
 ⇒ データ
 ⇒ 感想文 その4 バスはどっちを向いている?
 ⇒ 感想文 その5 父と先生の立場
 ⇒ 感想文 その6 不戦敗の二人
 ⇒ 感想文 その7 最初の犠牲者
 ⇒ 感想文 その8 大量殺戮の虎と猫
 ⇒ 感想文 その9 バトル放棄が意味すること(その1)
 ⇒ 感想文 その10 バトル放棄が意味すること(その2)
 ⇒ 感想文 その11 両極端の女子に絡む女子
 ⇒ 感想文 その12 恐怖の夜が明けたとき(その1)
 ⇒ 感想文 その13 恐怖の夜が明けたとき(その2)
 ⇒ 感想文 その14 連帯失敗
 ⇒ 感想文 その15 借りを返したかった
 ⇒ 感想文 その16 ストレート過ぎた求愛
 ⇒ 感想文 その17 美女のプライド
 ⇒ 感想文 その18 「ありがとう」の謎
 ⇒ 感想文 その19 油断大敵
 ⇒ 感想文 その20 反撃の準備
 ⇒ 感想文 その21 ドラマを語るショットとカット
 ⇒ 感想文 その22 子供どうしのディスコミュニケーション
 ⇒ 感想文 その23 灯台の惨劇
 ⇒ 感想文 その24 大人と子供のディスコミュニケーション
 ⇒ 感想文 その25 変わる二人
 ⇒ 感想文 その26 かわいいな、やっぱり
 ⇒ 感想文 その27 しゃべったこともなくて、わかんないよ
 ⇒ 感想文 その28 鎌の一撃

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ 映画(全般)ブログランキングへ
 ⇒ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画の感想文 [23-3] バトル・ロワイヤル - お姉さんの解説ビデオ ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]