ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画の感想文 [812] オーケストラ・リハーサル

<<   作成日時 : 2015/04/19 17:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【オーケストラ・リハーサル】
原題:Prova D'Orchestra
製作国:伊、西独
製作年:1979年
日本公開:1980年8月
監督:Federico Fellini(フェデリコ・フェリーニ)

=== あらすじ(途中まで) ===
 古い礼拝堂で行われるオーケストラのリハーサルの様子を、テレビが取材に来ていた。演奏者にインタビューして回っているときに指揮者が現れ、リハーサルが始まった。
 演奏を繰り返すうちに興奮した指揮者は楽団員にからかわれ、怒りだしてしまう。二十分間の休憩を挟むことになったが、礼拝堂はときどき奇妙な振動に襲われ始めた。

=== 感想 ===

● ストーリーは?
 映画の前半、楽団員たちの休憩が終わるまでは、テレビのインタビューによって楽団員や指揮者の思いが語られる。ところがリハーサルが再会するところから、話は何とも奇妙な方向へ進む。ある意味、唐突でチグハグ。
 ストーリーそのものの整合性を求める映画ではなさそうだ。まあ、この監督では珍しいことではないけれど。

● 映像
 映像も比較的平凡。終盤までは絵に特徴はない。
 ただし、リハーサルの演奏がどんどん昂揚していく様子の描き方はさすがだ。また休憩時間にパブで流れるBGMはセンスがいいし、クラシックではなく、ポップスに合わせて身体を揺らす楽団員の様子が後半の破綻の伏線となっている。
 休憩後の混乱の描写は、まさにフェリーニ。混乱が収束するきっかけも、フェリーニっぽいとしかいいようがない。ほかの監督なら、「なんじゃこりゃ!」と言われるだけだろう。
 そして白く霞むほど埃に満ちた礼拝堂の中で行われるリハーサルの映像が、やはり魔術的というべきか。とはいうものの、びっくりするほどすごいというものでもない。

● まとめ
 70分の中編。
 フェリーニのファンでない人が、わざわざ観る必要があるかどうか。


画像

Federico Fellini(フェリーニ)の映画の感想
 ⇒ 寄席の脚光
 ⇒ 白い酋長
 ⇒ 青春群像 (ちょっと待ってね)
 ⇒ 道
 ⇒ 崖 (ちょっと待ってね)
 ⇒ カビリアの夜
 ⇒ 甘い生活
 ⇒ 8 1/2
 ⇒ 魂のジュリエッタ
 ⇒ サテリコン
 ⇒ フェリーニの道化師
 ⇒ フェリーニのローマ
 ⇒ アマルコルド
 ⇒ カサノバ
 ⇒ オーケストラ・リハーサル (今回の書き込みです)
 ⇒ 女の都
 ⇒ そして船は行く
 ⇒ ジンジャーとフレッド
 ⇒ インテルビスタ
 ⇒ ボイス・オブ・ムーン

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ 映画の感想のインデックス(作品名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(監督名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(テーマ別(?))

 ⇒ 映画(全般)ブログランキングへ
 ⇒ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画の感想文 [812] オーケストラ・リハーサル ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる