ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画の感想文 [1070] ビッグ・ドライバー

<<   作成日時 : 2017/05/04 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【ビッグ・ドライバー】
原題:Big Driver
製作国:米国
製作年:2014年
日本公開:
監督:Mikael Salomon(ミカエル・サロモン)
原作:Stephen King(スティーヴン・キング)
出演:Maria Bello(マリア・ベロ)

===== あらすじ(途中まで) =====
 ミステリー作家のテスは、結婚もせず、独り暮らしを満喫していた。自作の小説に登場する推理好きな老婆を妄想したり、カーナビの音声に「トム」と名付けておしゃべりをすることで、自分の気持ちや考えを整理する癖があった。
 今回、ラモーナという女性から講演会に招かれた。仕事は無事に終わるが、帰宅途中に教えてもらった近道で車がパンクし、動けなくなってしまった。あたりは深い森の中で、廃屋が一軒あるだけだ。修理を助けてもらおうと、たまたま通りかかったトラックを呼び止めたが、中から出てきたのは身体の大きなドライバーだった。テスが怪しいと感じた時、その男が突然、襲いかかってきた。
 その夜、テスは気が付くと、下水道の中に捨てられていた。隣には腐敗した女性の遺体が何体か転がっている。テスはようやくその場を逃げ出し、ハイヤーで自宅へ帰りつくが、作家としてのスキャンダルを恐れて警察に届け出ることができなかった。
 やがて、事件のことを考え直すうち、仕組まれた犯罪ではないかと思えてきた。テスは戸棚の奥から拳銃を取り出し、復讐のために「トム」と行動を起こした。

===== 感想 =====

● スティーヴン・キング
 スティーヴン・キングのサスペンス。謎はそれほど入り組んだものではなく、全体的な流れもかなりストレート。取り立てて捻りもない。
 僕は、下水道で目覚めた後のテスは、死んだ後の霊魂のようなものではないかと思ったのだが、大外れ。素直な展開に、むしろびっくりしたくらい。

 テスは復讐のために、まずは事件の謎解きに向かう。そして荒っぽいこともいとわず突き進む。スリラーやホラーのような怖さ、あるいはミステリーの意外性などよりも、アクションの爽快感のほうが強くて、復讐話がちょっと軽い感じに進んでいく。
 もう少し捻りが欲しいところだけど、主役のテスの性格をきちんと描くことに主眼があるみたいだ。ここら辺りは、ベースとなるお話がしっかりしてると感じるところ。

● 闘う女性
 ポイントは闘う女性だな。
 主役のテスは負けず嫌いで執着心が強い。多くの女性は、こんな事件の被害に遭ったら、犯行現場や犯人の家などへ近づこうとしないものだが、テスは、さほど臆することもなく行動する。現代的な闘う女性なのだ。
 演じるのはマリア・ベロという女優さん。少し年齢が高めだったかな。

 もう一人僕が気になったのが、ベッツィ。こちらの役者は何とジョーン・ジェットだ。本職はロックのギタリストで、彼女の素がそもそも「闘う女性」というイメージ。映画で見るのは、マイケル・J・フォックスの姉役の『愛と栄光への日々』(1987年)以来になる。

● オチバレ
 エンディングのオチらしきものも素直。だから、ここに書いちゃおう。
 事件のときにテスが乗っていた車は、現場近くのモーテルの駐車場に放置されていた。そのモーテルの受付をしているベッツィは、なぜかテスと気が合うらしく、幼少時に性的虐待を受けていたことなどの身の上話をする。
 そして、すべてが終わった後、テスの元にベッツィから電話が掛かってくる。最初は真相を知っているぞという脅しのように思えるけど、すぐに性的被害を受けた女性どうしの共感を表す言葉が続く。
 この台詞のおかげで、何となくほっとするんだよね。

 こうしたオチなども含めて、スティーヴン・キングの毒も、すっかりまろやかになったなと感じた次第。

● 盛り上がり
 この作品は、恐らく二十数分程のテレビドラマのシリーズを繋げて一本の映画にしたのではないかな。ところどころ、繋ぎが不自然になっていた。
 何よりも、映画としての盛り上がりや迫力に欠けるところがあって、観終わると一味足りない気分。
 でも僕は久々にスティーヴン・キングを味わえて、ちょっと満足な気分でもあるんだよね。


画像

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ 映画の感想のインデックス(作品名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(監督名順)
 ⇒ 映画の感想のインデックス(テーマ別(?))

 ⇒ 映画(全般)ブログランキングへ
 ⇒ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画の感想文 [1070] ビッグ・ドライバー ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる