ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップ2018 ロシア大会 (その31) 韓国vsメキシコ 感想

<<   作成日時 : 2018/06/24 16:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワールドカップ2018 ロシア大会 (その31) 韓国vsメキシコ 感想

グループF
2018.06.23 18:00 (日本時間:24:00) ロストフ・アリーナ(ロストフ・ナ・ドヌ)
韓国 1−2 メキシコ
ソン(後93)
ベラ(前26), エルナンデス(後21)

● 布陣
 韓国は4−2−3−1。

       7 ソン
  11 ファン 17 イ 18 ムン
     16 キ   8チュ
12 キム 19 キム 20 チャン 2 イ
       23 チョ

 メキシコも4−2−3−1です。

         14 エルナンデス
   22 ロサノ   11 ベラ   7 ラジュン
    18 グアルダード   16 エレラ
23 ガジャルド 15 モレノ 3 サルセド 21 アルバレス
          13 オチョア

● 汚物
 先日のスウェーデン戦では韓国はとても汚いプレーをしました。
 ちなみに「両足タックル、蟹はさみ、アフタータックル(スパイク蹴りあげ)、倒れた選手の胸を蹴るなどなど、汚くて危険なプレーの見本市状態」と感想を書きました。

 今回はそれ以下の汚さです。
 1試合で、ファール数24、イエロー4というのは異常な数字です。(*1)
 90分を24で割ると3.75で約4分。この4分からオフ・ザ・ボールの時間や、自分たちが攻撃してる時間、相手の攻撃のうちボールが外に出たケースの時間、ルーズボールを競り合う時間などを差し引いてみると、韓国チームは相手の攻撃をインターセプトや競り合いなどの正当なプレーで止めることができず、ファールでないと止められないということになりそうです。
 サッカーになってません。別の種目と云いたくなるような内容です。

 実は、24回というのは実際に審判が笛を吹いた回数で、試合の映像を見ればわかるとおり、韓国がファールを犯してもアドバンテージで流してるケースも多々ありますし、ボールを蹴ったあとのアフタータックルでメキシコの選手が転がる場面も数多く見られましたし、もっとボールが遠いところでは突き飛ばし、あるいは軽く叩く、足を削る(相手の足を蹴る。陰険なのは、すれ違う時にぶつかったフリして相手の脛などをスパイクでこする)などの挑発行為も時々見受けられました。
 こうした行為は警告の対象になりますので、今後はVARで厳しく判定し、試合中に罰せられなくても、試合後に処罰すること(イエローの加算、それに伴う出場停止などの処分の決定など)を検討したほうがいいと思います。
 この試合の審判、セルビアのマジッチさんは、大忙しでしたものね。

 なお、韓国のシン監督も、試合の最後のほうは自分らのファールの判定に怒りを見せていました。敗色濃厚で紳士のふりをする余裕がなくなり、本性が出たのでしょう。
 韓国の汚さは、指導者ぐるみ、チームぐるみであることがわかります。

 こうした汚くて危険なプレーてんこ盛りで、メキシコ選手に大きな怪我人が出なくてほっとしてます。メキシコは大迷惑を受ける被害者でした。
 おそらく、この試合が今大会最低の試合であることは間違いないでしょう。
 そして韓国は「疫病神」というより、むしろ「汚物」のようなチームですね。

 なお、ワイドショーなどで、フェアプレーの大切さを言いながら、あるいは先日の日大アメフト部の件で指導者を批判しながら、韓国の指導者を批判しないコメンテーターがいたら、インチキなマスコミ、インチキな評論家だと思って間違いなし。
 そういう組織や人の言葉など、簡単に信じちゃだめですよ。

● 前半
 メキシコがボールを回し、韓国はファールで止めたりミスを拾い、カウンターを仕掛けるという展開が続きます。

 先制点は26分。
 PA内でチャンがハンドを犯してPK。韓国のGKチョがキッカーの集中力を削ごうと、テレビの実況があきれるほどチマチマとイヤガラセをしますが、ベラがケロリと決めました。
 PKまで、これほど汚くて不愉快というのは、実に珍しい。

 得点が入っても、その後の試合の状況はさほど変わりませんでした。

● 後半
 後半も似たような展開。メキシコがボールを回し、韓国はファールで止めたりミスを拾い、カウンターを仕掛ける。
 韓国は負けているのに、遅攻がまったくだめで、試合になりません。
 しだいにメキシコもあきれて韓国をからかいたくなったのか、あるいは自分たちがカウンターのお手本を見せようとしたのか、というより正解は怪我をおそれて遠慮気味にプレーしたということでしょうが、韓国の選手を自陣に引きつけることが多くなり、妙な空気の流れになります。
 まともなサッカーになってません。

 追加点は21分のメキシコのカウンター。
 ロサーノが持ち込み、左を走るエルナンデスにパス。エルナンデスはワンタッチで切り返して右足でニアを打ち抜きました。

 2点差になって、さすがに韓国の攻撃時間が長くなりますが、中盤がスカスカになり始め、大蹴りが増え、両陣を大きくボールが行き来する「パチンコ・サッカー」になりかけます。メキシコも長いボールを蹴りますが、どちらかというとポセッション重視なため、なんとか、ましな様相に収まったみたい。

 韓国の意地の1点は、ロスタイムに入ってから。
 メキシコの守備ブロックの手前で、ソンが左足ミドルを振りぬき、ゴールしました。途中交代のマルケスがマークしていて、そのときの守備は甘かったけど、あの年齢で怪我は嫌だったのでしょう。
 一方、ソンはそのシュートの際に足を痛めたらしく、満足に立つことすらやっとの状態になったようです。報道はありませんが、画面ではそう見えました。
 残り時間わずか。エースが実質戦力外となって、試合終了です。

● ブランド指向
 途中からイ(韓国は同姓が多くて紛らわしいので、フルネームを書くとイ・スンウ)という選手が交代で入ります。
 20歳になったばかりで10番を付けていますので、韓国でも期待が高いのでしょう。170cmの小柄な選手です。韓国選手らしく高速ドリブルは上手そうですし、韓国選手にしては珍しくダイレクトパスも上手い。でも、特筆するレベルではありません。この試合では、何ら活躍することもなく終わりました。
 むしろ、プレースタイルが汚いことが目立ちます。後半27分には、視線をボールではなく【相手の足に向けてタックル】するという、とても汚くて危険なプレーを平然とやってました。
 そして、彼の致命的な欠点は、すぐにイライラして感情コントロールができないタイプらしいこと。いずれ大きな失敗をするか、報復などで大きな怪我をすることになるのではないかな。
 疑問なのは、何故この選手が10番なのか?
 十代のころはバルセロナの下部組織でしたが、十代でスピードのある選手が欧州で高く評価されるなど珍しくもないことです。十代を過ぎればただの人、並の選手という例も数多い。
 彼はバルセロナのユニフォームを着てる写真が多いのですが、まさかそれが理由で10番にしてるのではないでしょうね? よく、「○○のメッシ」なんて言い方を目にしますが、そんなもん、ミーハー向けのキャッチコピーにすぎません。

 もしも韓国がそうしたブランド指向に犯され、汚くて危険なプレーの選手を重宝するなら、今後も似たような汚物チームであり続けるのでしょう。

(*1) 参考までに、フェアプレーのおかげでベスト16になった日本の場合。
 対コロンビア戦 ファール9、イエロー1
 対セネガル戦  ファール8、イエロー2
 対ポーランド戦 ファール11、イエロー1
 対ベルギー戦  ファール9、イエロー1
です。

 ⇒ その1 始まるよー!
 ⇒ その2 グループリーグの予想
 ⇒ その3 トーナメントの予想
 ⇒ その4 ロシアvsサウジアラビア
 ⇒ その5 エジプトvsウルグアイ
 ⇒ その6 モロッコvsイラン
 ⇒ その7 ポルトガルvsスペイン
 ⇒ その8 フランスvsオーストラリア
 ⇒ その9 アルゼンチンvsアイスランド
 ⇒ その10 ペルーvsデンマーク
 ⇒ その11 クロアチアvsナイジェリア
 ⇒ その12 コスタリカvsセルビア
 ⇒ その13 ドイツvsメキシコ
 ⇒ その14 ブラジルvsスイス
 ⇒ その15 スウェーデンvs韓国
 ⇒ その16 ベルギーvsパナマ
 ⇒ その17 チュニジアvsイングランド
 ⇒ その18 コロンビアvs日本
 ⇒ その19 ポーランドvsセネガル
 ⇒ その20 ロシアvsエジプト
 ⇒ その21 ポルトガルvsモロッコ
 ⇒ その22 ウルグアイvsサウジアラビア
 ⇒ その23 イランvsスペイン
 ⇒ その24 デンマークvsオーストラリア
 ⇒ その25 フランスvsペルー
 ⇒ その26 アルゼンチンvsクロアチア
 ⇒ その27 ブラジルvsコスタリカ
 ⇒ その28 ナイジェリアvsアイスランド
 ⇒ その29 セルビアvsスイス
 ⇒ その30 ベルギーvsチュニジア
 ⇒ その31 韓国vsメキシコ (今回の書き込みです)
 ⇒ その32 ドイツvsスウェーデン
 ⇒ その33 イングランドvsパナマ
 ⇒ その34 日本vsセネガル
 ⇒ その35 ポーランドvsコロンビア
 ⇒ その36 ウルグアイvsロシア
 ⇒ その37 サウジアラビアvsエジプト (ちょっと待ってね)
 ⇒ その38 イランvsポルトガル
 ⇒ その39 スペインvsモロッコ
 ⇒ その40 デンマークvsフランス
 ⇒ その41 オーストラリアvsペルー (ちょっと待ってね)
 ⇒ その42 ナイジェリアvsアルゼンチン
 ⇒ その43 アイスランドvsクロアチア (ちょっと待ってね)
 ⇒ その44 韓国vsドイツ
 ⇒ その45 メキシコvsスウェーデン
 ⇒ その46 セルビアvsブラジル
 ⇒ その47 スイスvsコスタリカ (ちょっと待ってね)
 ⇒ その48 日本vsポーランド
 ⇒ その49 セネガルvsコロンビア
 ⇒ その50 イングランドvsベルギー
 ⇒ その51 パナマvsチュニジア
 ⇒ その52 グループリーグの反省
 ⇒ その53 フランスvsアルゼンチン
 ⇒ その54 ウルグアイvsポルトガル
 ⇒ その55 スペインvsロシア
 ⇒ その56 クロアチアvsデンマーク
 ⇒ その57 ブラジルvsメキシコ
 ⇒ その58 ベルギーvs日本
 ⇒ その59 スウェーデンvsスイス
 ⇒ その60 コロンビアvsイングランド
 ⇒ その61 ウルグアイvsフランス
 ⇒ その62 ベルギーvsブラジル
 ⇒ その63 イングランドvsスウェーデン
 ⇒ その64 クロアチアvsロシア

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ワールドカップ2018 ロシア大会 (その31) 韓国vsメキシコ 感想 ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる