ハムイチの棲み家

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップ2018 ロシア大会 (その63) イングランドvsスウェーデン 感想

<<   作成日時 : 2018/07/08 13:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

準々決勝
2018.07.07 18:00 (日本時間:23:00) サマーラ・アリーナ
イングランド 2−0 スウェーデン
マグワイア(前30), アリ(後13)

● 布陣
 イングランドは、表記上はいつも3−1−4−2の並びですが、相手や状況によって5バック気味になることが多いスタイルでした。特に直近の試合のコロンビア戦では、ほぼ5−3−2状態。ところが今日は、試合全体を通して、ほぼ表記どおりの3−1−4−2状態となりました。
 相手の攻撃力、特にサイドの攻撃力に応じてWB(ウィングバック)の高さを計画的に変更するということのようです。
 僕は、これまでイングランドの3バックは「旧式3バック」と貶して(けなして)きましたが、いよいよその本質が見えてきたということで、見抜けぬ僕がフシ穴だったということらしい。
 反省しつつ、いずれじっくり検討します。

       9 ケイン    10 スターリング
18 ヤング  20 アリ   7 リンガード 12 トリッピアー
         8 ヘンダーソン
   6 マグワイア 5 ストーンズ 2 ウォーカー
         1 ビックフォード

 スウェーデンは鉄板のように同じ布陣を踏襲です。

           20 トイボネン  9 ベリ
10 フォルスベリ   8 エクダル    7 ラーチョン 17 クローソン
6 アウグスティンソン 4 グランクピスト 3 リンデロフ 16 クラフト
                1 オルセン

● 前半
 お約束のように、スウェーデンは4−4の2ラインを作り、引いて守ってカウンターというスタイル。そのためイングランドの両WBは高い位置をとることができ、今日のイングランドは本格的な3−1−4−2スタイルです。
 ヤングとスターリングが精力的に上下動を行い、スターリングの快足を使って、サイドからどんどん攻撃を仕掛け、クロスを入れます。
 一方、迎え撃つスウェーデンは高いクロスはウェルカムなので、ことごとく跳ね返していきます。
 といっても実力がある者どうしなのでスウェーデンvs韓国のような凡戦にはなりませんし、勝ち進むことが必須の一戦なのでイングランドvsベルギーのような無気力試合にもなりません。メッシやロナウドのようにミーハーがはしゃぐような派手さは無いし、ネイマールやエムバベのようなサーカス・プレーも無いのですが、シンプルではあるものの、戦術的な理解が高く高精度なプレーが続きます。
 レベルは高い。

 スウェーデンは、前半を0対0で抑え、後半勝負のプランだったと思いますが、30分に失点してしまいました。
 左CKからゴール正面でマグワイヤがフォルスベリに競り勝ち、ヘッドを叩き込みます。珍しくスウェーデンが高さ勝負に負けた瞬間でした。実はマグワイヤは194cm、フォルスベリは179cm。その差15cmでイングランド選手がスウェーデン選手より高いという状況で、高さ勝負が命のスウェーデンとしては、ミスマッチが発生していました。
 よく見ると、マグワイヤはその屈強なガタイでフォルスベリを跳ね飛ばしています。ピッチーに転がるフォルスベリが、ジャイアンにやられたいじめられっ子みたいで可哀想。きっと宿に帰って、大左衛門のように涙を流すのだろうな。

● 後半
 イングランドに先制されてもスウェーデンはさほど焦りません。4−4のブロックはあまり壊さず、全体が前にずれて圧力をかけ、中盤でボールを奪おうとします。
 しかし、イングランドはアンカーのヘンダーソンを中心に守り、スターリングやリンガードのスピードを使った高速カウンターを繰り出すため、スウェーデンはなかなか優位な状況になりません。

 イングランドの追加点は13分。
 スウェーデンの引いたブロックの周りでボールを回し、右寄りのリンガードからダイレクトで斜めのクロスが放り込まれます。大外のアリがヘッドで合わせました。
 またまたスウェーデンが高さで負けた失点でした。

 今日の2失点は大変興味深い。
 得点したのはマグワイア194cmとアリ188cm。
 高さに優位性を持とうとする大型チームの場合、攻撃は有利だし、流れの中のハイボールの守備も有利ですが、セットプレーの守備では優位性が薄れ、攻撃側の大型選手が少なくてもやられることがあるということです。
 これは日本の参考になりますね。
 しっかりメモしとこ。

 差を広げられたスウェーデンは、いよいよ形を崩して攻撃に転じます。
 攻撃の狙いはサイドで、縦に長いボールを入れるか、コンビネーションで崩そうと何度も試みていました。
 しかし、攻撃の切り札もなく、突破口が開けないまま、時間が経過します。
 ついに、イングランドの落ち着いた試合運びに敗れてしまいました。

 ⇒ その1 始まるよー!
 ⇒ その2 グループリーグの予想
 ⇒ その3 トーナメントの予想
 ⇒ その4 ロシアvsサウジアラビア
 ⇒ その5 エジプトvsウルグアイ
 ⇒ その6 モロッコvsイラン
 ⇒ その7 ポルトガルvsスペイン
 ⇒ その8 フランスvsオーストラリア
 ⇒ その9 アルゼンチンvsアイスランド
 ⇒ その10 ペルーvsデンマーク
 ⇒ その11 クロアチアvsナイジェリア
 ⇒ その12 コスタリカvsセルビア
 ⇒ その13 ドイツvsメキシコ
 ⇒ その14 ブラジルvsスイス
 ⇒ その15 スウェーデンvs韓国
 ⇒ その16 ベルギーvsパナマ
 ⇒ その17 チュニジアvsイングランド
 ⇒ その18 コロンビアvs日本
 ⇒ その19 ポーランドvsセネガル
 ⇒ その20 ロシアvsエジプト
 ⇒ その21 ポルトガルvsモロッコ
 ⇒ その22 ウルグアイvsサウジアラビア
 ⇒ その23 イランvsスペイン
 ⇒ その24 デンマークvsオーストラリア
 ⇒ その25 フランスvsペルー
 ⇒ その26 アルゼンチンvsクロアチア
 ⇒ その27 ブラジルvsコスタリカ
 ⇒ その28 ナイジェリアvsアイスランド
 ⇒ その29 セルビアvsスイス
 ⇒ その30 ベルギーvsチュニジア
 ⇒ その31 韓国vsメキシコ (ちょっと待ってね)
 ⇒ その32 ドイツvsスウェーデン
 ⇒ その33 イングランドvsパナマ
 ⇒ その34 日本vsセネガル
 ⇒ その35 ポーランドvsコロンビア
 ⇒ その36 ウルグアイvsロシア
 ⇒ その37 サウジアラビアvsエジプト (ちょっと待ってね)
 ⇒ その38 イランvsポルトガル
 ⇒ その39 スペインvsモロッコ
 ⇒ その40 デンマークvsフランス
 ⇒ その41 オーストラリアvsペルー (ちょっと待ってね)
 ⇒ その42 ナイジェリアvsアルゼンチン
 ⇒ その43 アイスランドvsクロアチア (ちょっと待ってね)
 ⇒ その44 韓国vsドイツ
 ⇒ その45 メキシコvsスウェーデン
 ⇒ その46 セルビアvsブラジル
 ⇒ その47 スイスvsコスタリカ (ちょっと待ってね)
 ⇒ その48 日本vsポーランド
 ⇒ その49 セネガルvsコロンビア
 ⇒ その50 イングランドvsベルギー
 ⇒ その51 パナマvsチュニジア
 ⇒ その52 グループリーグの反省
 ⇒ その53 フランスvsアルゼンチン
 ⇒ その54 ウルグアイvsポルトガル
 ⇒ その55 スペインvsロシア
 ⇒ その56 クロアチアvsデンマーク
 ⇒ その57 ブラジルvsメキシコ
 ⇒ その58 ベルギーvs日本
 ⇒ その59 スウェーデンvsスイス
 ⇒ その60 コロンビアvsイングランド
 ⇒ その61 ウルグアイvsフランス
 ⇒ その62 ベルギーvsブラジル
 ⇒ その63 イングランドvsスウェーデン (今回の書き込みです)

 ⇒ このブログのトップへ
 ⇒ にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ワールドカップ2018 ロシア大会 (その63) イングランドvsスウェーデン 感想 ハムイチの棲み家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる