テーマ:つぶやき

きれいごとで言論弾圧

きれいごとで言論弾圧  ここ数日のうちに、他人の発言を取り上げて、それに対して言論としての反対意見を言うのではなく、そもそも発言するな、黙れといった論調の事案が続いてます。 【3人産んで】  一つは桜田議員の「3人産んでほしい」発言。  これが特定の人間等に対する命令・強制あるいは圧力やいやがらせ(ハラスメント)であれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴダールのファンの面倒臭さに関する考察

【ゴダールのファンの面倒臭さに関する考察】 ● メンドクサイ  ゴダールの映画って、「何となく」格好いいと思う。でもゴダールの感想を書こうと思うと、何かと面倒臭い。  彼の膨大な作品の中で僕が観たのはほんの一部。なのに、おそらく一つ一つの作品の感想についてはボロ糞に書くことになりそう。でも、全否定するつもりもなくて、そこんとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十七条の憲法からかな?

 4月1日、新しい元号が閣議決定され、政令として定められます。  ネットやテレビでは、新元号を予想するネタをよく見ますが、古い典籍などから引用すると解説しながら、結局は適当に漢字を選ぶようなものばかり。  清水寺の「今年の漢字」じゃないっちゅうの!  昭和54年10月23日の閣議決裁で、次のような条件が定められています。(*1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリーニに関する、ちょっとしたまとめ

===== フェリーニに関する、ちょっとしたまとめ ===== ● 映像のイマジネーション  フェリーニについてよく聞く感想が、『道』などの最初のころの作品は感動できるし「分かる」映画が多いけど、『8 1/2』あたりから「分からない」映画が多くなるというもの。  これはストーリー重視で映画を観る癖がある人に多いみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリルホジッチ監督が解任された

 日本代表のハリルホジッチ監督が解任されました。後任は西野朗技術委員長です。  監督解任の理由は、日本サッカー協会の田嶋会長によれば、 「ハリルホジッチ監督の選手とのコミュニケーション不足、摩擦を把握しつつサポートしてきたが、ベルギー遠征のウクライナ戦後の状況悪化が、解任の決定打になった」  とのこと。  つまり、 1 監督と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開

 今度の年末年始はやたらドタバタで、1カ月ぶりの書き込み再開です。  まあ、おかげさまで、日経平均レバレッジを12月26日に買って1月4日に売り、ちょびっとお年玉を稼ぐなんてこともできました。  反省すべきは北朝鮮の戦争の予想。  開戦は最遅でも12月中と思いましたが、大外れ。こうした判断の情報源となったニュース・ソースや解説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争の日程を考え直す

戦争の日程を考え直す  先日(2017年9月19日)、国連総会で、米国のトランプ大統領が北朝鮮の指導者を「ロケットマン」と揶揄して核開発を非難。日本の安倍総理もかなりの時間を割いて圧力強化を訴えました。  その後の動向などから、これまで予想したスケジュール等を少し考え直した方がよさそうです。 ● 開戦の時期  以前、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争への各国の思惑を推測してみた

 今朝(2017年9月15日)、北朝鮮が中距離弾道ミサイルを撃ったそうです。  この問題について、これまで思ってきたところと少しズレもありますので、一度整理してみましょう。 ● 各国の思惑  まずは、各国の思惑を推測します。 北朝鮮。 (a) 早期に核ミサイルを実戦配備したい。 (b) (a)の目的は、これまでは米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争への備えが必要になったかな?

● 制裁決議の意義  昨日(2017年9月11日)、国連安保理で対北朝鮮制裁決議が全会一致で採択されました。  重要なのは、制裁内容そのものよりも次の2点。 a これまで「制裁には効果がない」と言っていたロシアが制裁に賛成した。 b 米国のヘイリー国連大使が「北朝鮮が今後も挑発行為を続けるなら、われわれはさらに一歩先に行く」と表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしも開戦となる場合の日程を考えてみよう

 先日、『戦争モードかな?』と書きました。 http://ham-ichi.at.webry.info/201708/article_10.html  その後も、北朝鮮は水爆実験を行い、慎重だった米国国防長官が「完全な全滅」と発言するなど、流れは一直線です。  そこで、もしも開戦となる場合の日程を考えてみました。  米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争モードかな?

戦争モードかな?  朝から我が家の近くの上空をF18が飛びまくり。これまでにない回数で、いよいよやる気かな?  ちなみに、昨日のNYはこれまでの円高と米国株安が止まり、反発した。米国にすれば朝鮮半島で始まるのは「遠い戦争」。投資家には「遠い戦争はおいしい戦争」という格言があって、ここも戦争モードなのかも? ● 対話がもたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディア激震(その4) 凋落の加速

● メディア激震(その4) 凋落の加速  既存メディアの信頼失墜は加速します。  テレビのニュースについては前々回に見たとおりですが、ネットに逆転されるのはもはや秒読み段階です。  新聞はもっと悲惨。  そもそも新聞の長期的な凋落傾向については、完全にトレンドとなっていました。日本新聞協会によれば、新聞発行部数は、  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディア激震(その3) メディアの自爆

● メディア激震(その3) メディアの自爆  今年、テレビや新聞も含め、既存メディアは2大チョンボをやらかしました。 1 民進党の蓮舫議員の国籍に関する疑義をきちんと取り上げなかった 2 米国の大統領選の予測が直前までトンチンカンだった  1は、被選挙権という国会議員の資格に直結する話で、一般の方々の帰化の話ではなく、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディア激震(その2) ニュースの情報源

● メディア激震(その2) ニュースの情報源  メディアについては、アニメ、ドラマ、音楽番組あるいはスポーツ中継のような娯楽的なコンテンツも重要ですが、ここからは情報系、つまりニュースについて、もうちょっと考えてみます。  まず、総務省の「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディア激震(その1) サザエさん低落

● メディア激震(その1) サザエさん低落  新聞やテレビなどの既存のメディアの凋落が著しいといわれて久しいですが、今年の夏、ついに象徴的な出来事が起こりました。  日本人なら誰もが知っているアニメ『ササエさん』の視聴率が1桁になってしまったのです。  1979年には最高視聴率 39.4%を誇っていたのに、2016年5月22日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーキャン流行語大賞という珍妙現象(続き)

===== ユーキャン流行語大賞という珍妙現象(続き) =====  くだらないネタでもうオワタと思っていましたが、何と僕が書き込んだ当日、俵万智も参戦していたんですね。  どうでもいいかと思いつつ覗いたら、あまりにゲスな内容でびっくり!  なので、やはりこれにも触れておかないと、意地汚い山尾さんやピエロの鳥越さんに対して、不平等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーキャン流行語大賞という珍妙現象

===== ユーキャン流行語大賞という珍妙現象 ===== ● バイアス  2016年のユーキャン流行語大賞について。  今回は一段と妙な受賞だった。「これって流行してたの?」と首をかしげる言葉が多いのだ。ネットでは、受賞後に始めて聞いたといった書き込みも多かったな。  特に、野球や野党(民進党など)に偏った用語が目立ったみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森川葵だな

● 森川葵 ◎ その後  実は、2012年12月31日の書き込みで、最近の十代から二十代の女優では、上野樹里(86)と吉高由里子(88)が双璧で、演技の巧さでは鈴木杏(87)と多部未華子(89)、ビジュアルでは石原さとみ(86)に桐谷美玲(89)と橋本愛(96)……なんてことを書きましたが、吉高が朝ドラの主役になり、石原と桐谷は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成の終わりが見えてきた

● 平成の終わり  2016年8月14日未明、ジャニーズ事務所から今年12月31日をもってスマップが解散することが発表されました。  ⇒ 「SMAP」グループ活動についてのお知らせ  1988年(昭和63年)4月に結成とのことなので、その9カ月後に昭和は終わり、彼らの歩みは平成とほぼ同時代ということになります。  奇しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騙されるな!――パソコンできなくても就活は大丈夫――なわけがない!

騙されるな!――パソコンできなくても就活は大丈夫――なわけがない!  先日、最近はスマホで何でもできるので、パソコンができなくても就活は大丈夫――なんて記事があった。  こういうのは、ライターがウケ狙いで、いい加減なことを書いたものと思ったほうがいい。  職業は様々なので、確かにパソコン不要な職場もあるだろう。でも、多くの会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぶやき - 豪傑児雷也

◎ 原点調整  映画の感想文も千本近くとなり、1920年代の作品もちらほらと採り上げるようになりました。  この時代の映画を観ると、得てして「あんな昔にこんな映像を作るなんてすごい!」という感想を抱きがちですが、実際には「あんな昔」という時代の作品の多くなど知らないわけで、「すごい」と感じるのがただの錯覚ということが多々起こり得ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックな中島みゆき

 年末は何となく歌手の話題。  今年は、中島みゆき、ゲスなどについて、軽~く感想を述べてみます。 【中島みゆき】 ● 世間の印象  中島みゆきについて、世間が抱くイメージは次のようなものでしょう。  いわく――ひたすら暗いシンガー・ソング・ライターである――と。  デビュー当初から暫(しばら)くの間は、詩は根暗で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり「従軍慰安婦」は虚構だった。

 昨日、日本と韓国との間でいわゆる「慰安婦問題」の外交上の最終解決がなされたそうです。  文書などの取り交わしは無いようなので、まだ細かなところの確認が必要ですが、現状でいえることは次のとおり。 ● やはり「従軍慰安婦」は虚構だった。  もはや「従軍慰安婦」という用語は使われていないみたいです。  使われた用語は「慰安婦」又…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シールズの宴 その3 鶏シンパ

● 若者と政治――なのか?  シールズの特徴の一つは、彼らの取り巻きや彼らを持ち上げるシンパが、鶏なみのオツムをしているということです。  その典型例が「若者と政治」の関係の賛辞。  ワイドショーのコメンテーターなどの一部に、シールズを指して「若者が政治に関心を持つようになって偉い」みたいなこと言って、称賛する人がいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シールズの宴 その2 憲法軽視

● リデモス  シールズは新たに「リデモス(ReDEMOS)」という「市民のためのシンクタンク」を立ち上げるそうです。国会で憲法がないがしろにされないよう、また違憲の法律を作らせないため、 ・ 「立憲民主主義促進法」を策定し、 ・ 安全保障や社会福祉など幅広いテーマに取り組む  のだそうです。  一見すると立派そう。でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シールズの宴 その1 国会憧憬

 年の終わりに、ちょいマジネタとして、今年はSEALDsですね。 ● 目的すり替え  シールズがデモの際に決め台詞としていたのは、かつては、 「民主主義はなんだ?」「これだ!」  でした。  ここでいう「これ」とは国会前などの街頭デモのことで、「国会は民主主義ではなく、自分らのデモだけが唯一民主的だ」と格好をつけていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイド・ストーリーだよ! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』

映画ではなく、ネット上で配信され、さらにDVD化された作品。 なので、つぶやき。 【進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙】 ネット配信開始:2015年8月15日 監督:足立公良(第一話)、尾上克郎(第二話)、西村喜廣(第三話) 出演:石原さとみ、桜庭ななみ、武田梨奈 ===== あらすじ(途中まで)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生活の党と山本太郎となかまたち」とは?

 この「生活の党と山本太郎となかまたち」という会派の名前は意味深い。  まず、政党名や会派名などには、例えば自由や平等とか共和制や民主主義や共産主義など、自分たちが絶対的と信じる政治理念などを掲げるものだと思う。ここに「山本太郎」という個人名を盛り込むというのは、山本太郎が政治的に絶対的な存在であると主張していると受け止められても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ときどきマジ――ピエロ化する宮崎駿――安保関連法案

 安保関連法案が衆議院で採決され、成立する公算がかなり高くなりました。  で、映画に関係するネタで、つぶやき。 ● 中国を代弁する宮崎駿  平成27年7月13日、小金井市のスタジオジブリの事務所で宮崎駿が会見を開き、安保関連法案に反対する意見を表明しました。(http://blogos.com/article/122316…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ときどきマジ―その6

桑田の乱 (その3)  桑田佳祐と彼の所属事務所の連名で、お侘び文が発表される事態となりました。  ⇒ お詫び文  読んでみると、配慮が足りなかった、不備があった、他意はなかったなどの表現が見られます。ひらたくいうと「ファンサービスの勇み足」ということのようです。お詫びの対象の問題点の具体的指摘などを避けて、さらりと謝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more